header_business

生前贈与

生前贈与の活用がおすすめ

生前贈与について「難しそう」「生前贈与しても意味がないのでは?」と思いがちですが、沢山のメリットがあります。

まず、タダでお金や物を与える事を「贈与」と言います。
贈与者(贈与する人)が生きている間、家族や他人に贈与する事を「生前贈与」と呼びます。

生前贈与をする理由の一つとして、多額の財産を持った贈与者が亡くなった時に、受贈者(贈与される人)が一度に多額の相続税を納める負担を軽くするためです。

遺言書にはない4つのメリット

1.お子さん・お孫さんと感謝しあえます。
生前贈与は生きている間に行いますので、その際「なぜ生前贈与をするのか」という理由や想いを、お子さんやお孫さんに直接伝えることができます。また、お子さん・お孫さんも「ありがとう」の気持ちを、直接贈与者に伝えることができます。

2.お子さん・お孫さんへの生活援助になります。
お子さん・お孫さんが住宅を購入する・住宅ローンの繰り上げ返済をする、教育資金が必要、といった時に「生前贈与」という形で生活援助を行うことができます。

3.相続税を払うための現金を確保する事ができます。
相続税対策が必要な方が賃貸マンションを所有しているとします。この家賃収入は、相続税対策が必要な方の収入となります。ここから固定資産税などの経費を引き、「もうけ」があれば所得税を払います。その残りから生活費を払い、残ったお金があれば貯金とすることができます。

4.所得税・住民税の節税になります。
賃貸マンションをお子さんやお孫さんに生前贈与すると、贈与者の所得税や住民税の節税となる可能性があります。また、場合によっては健康保険料の削減や医療費の自己負担割合の低下にも繋がり、有意義にお金を使うことができます。

「生前贈与をしてみたい」「もっと詳しく知りたい」という方は、お気軽にご相談ください。