header_business

相続税対策

相続税対策の5つの方法

相続税対策は、様々な方法があります。 それらは大きく5つに分けることができます。

1.相続人を増やすことで税率区分を下げる
相続税は累進課税の段階税率です。
一人当たりの相続額を減らし、低い税率区分にあてはまるようにすると納税額が減ります。さらに、相続人が一人増えるごとに、基礎控除額は1000万円追加されます。相続人の数を増やすと相続税が減るのですが、増やすために「養子縁組制度」を利用する方法があります。

2.所有財産の評価額を下げる
土地や建物は、利用状況に応じて評価を減らすことができます。
更地の土地がある場合、建物を建てると相続税評価額を大きく下げることが可能です。アパートやマンションを建てて人に貸すということは、多くの地主さんが行う相続税対策です。所得税、固定資産性の節税にも繋がるからです。

3.返済可能な借金を作りましょう
借金の残額は全額債務控除となるため、相続税を大きく減らすことが可能です。
借金をして更地に建物を建てると、効果的な相続税対策になります。ですが返済可能な額に留めないと、後々大変なことになってしまうため注意が必要です。

4.生前贈与で財産を減らしましょう
自分名義で財産を持ち続けると、亡くなった際に全てが相続税の課税対象となります。そのため、生前に手放せるものは整理してしまいましょう。
お子さん・お孫さんに生前贈与をする事で、財産を減らすのも一つの手です。 贈与税は高いという先入観がありませんか?ですが年間110万円までの基礎控除のほか、様々な特例を活用することができます。

5.生命保険と自己株式を活用しましょう
1~4を行っても大きな額の税金がかかる場合もあります。
地主さんが取る一般的な方法は、納税資金にする目的で大口の生命保険に加入することです。
それは、相続が発生した時にすぐにお金の用意ができるからです。また、保険の掛け金を払うと、相続財産を減らすことにも繋がります。

相続税対策は「これをすれば間違いない!」というものはなく、人によって異なってきます。
「どんな方法にしたらよいか…」と迷った際は、お気軽にご相談ください。